田中初男・田中宏欣の作品

田中初男
1921年江戸川区江戸川に生れる。1950年彫刻家藤野天光に師事し、日展に入選、日彫会の会員となり、現在は塑造石彫を主に後継者の育成に活動中。事業は挙c中石材取締役会長を務めている。


自刻像

女性像

田中宏欣
1947年江戸川区江戸川に生れる。1977年彫刻家久保田傲通に師事し、日展に入選、日彫会の会友となり、現在は塑造石彫を主に地域の作家として活動中。事業は挙c中石材・叶ホ松年・泣Cシサンの代表取締役を務めている。

「可憐」 2007年第37回日彫展

「少女」

田中宏欣 (彫刻)

「業来たる」
悪行を行えば悪果必ず被る、徳行を施せば善果必ず報われる。

「覚醒」
心ある皆様に真に正しい事に気付き、目醒めてください。

「獅子奮迅」
人世に於いて最も至高なる活動、活躍である。

2007年目彫展入選作品
5歳になる孫をモデルにし、愛らしくあどけない子どもの純白な心の
中にちょっといたずらっぽい性格が出ればと、白大理石で制作しました。

1983年日彫展入選作品
私の9歳になる長女をモデルとし、多感期に入る前の少女の気持
を黒御影石という硬い素材を便い、自然の石肌と研磨をした光で
表現できればと制作しました。

    「母」 
2004年 第34回日彫展 

  「花を持つ少女」
2006年 第36回日彫展 

   「夢想」
2008年 第38回日彫展 

     「遠望」
2006年 第38回日展

     「風紋」
2007年 第39回日展

     「我儘」
1996年 第28回日展

    「円か」
2008年 第40回日展

田中初男 (彫刻)